Q&A

よくお寄せいただくご質問をまとめました。

Q:生活面においての指導は?
 
クラブ員みんなで ”という集団活動を行うことで、現代の社会に失われつつある規律や礼儀、感謝の気持ちなどを、愛情をもって優しく、時に厳しく、しっかりとしたしつけ教育を行います。また、合宿や試合観戦などを通じて、公共のマナーや一般常識などを子どもたちに体験させたり、自分たちで練習の準備や後片づけをさせることで、子どもたちの早期自立を促します。
また、地域への感謝の気持ちと社会奉仕活動の一環として、子どもたちと一緒に公園の便所や公園内の清掃活動、河川敷の清掃活動、秋の収穫祭への参加、ユニセフをはじめ、他のボランティア団体やNPO団体、との連携などを行い、子どもたちの健全育成のための良い環境作りに取り組んでいます。
 
Q:スポーツ少年団は当番がありますが、ERICにもあるのですか?
 
活動に対しての保護者の当番はありません。活動時間内は子どもたちを責任をもってお預かりいたしますので見学についても保護者のみなさまのご判断にお任せしております。練習試合や合宿、練習等についても、全ての準備をスタッフと子供たちで行いますので安心してお預けください。(持ち物などの準備はお願い致します。)
 
Q:入会するには、どうしたらいいの?
 
事務局にお電話(087-813-1175)でお申し込みいただくか、活動場所にいるスタッフにご相談頂ければ結構です。是非ご入会の前に、お近くのクラブで体験レッスンを受講いただき、その上でご検討ください。
 
Q:雨などの天候等の都合で活動が中止になった場合は?
 
原則、週1回(月4回)の活動を行っておりますが、雨天等で活動が出来なかった場合は、振替活動を行います。振替活動はその月のスケジュールによって違いますが、土日や夏季や冬季休暇に追加の活動を行っています。5週目はお休みですが、振替活動を行う場合もあります。
 
Q:活動はどのような服装で行うのですか?
 
”クラブ員はみんな仲間”という意識をもってもらうために、クラブ規定の服装を着用していただきます。冬季において寒い場合は、長袖のシャツの上に練習着を重ね着してもらってもかまいません。手袋や帽子などは、必要ならば各自で用意してください。活動中は市販のジャージ類の着用はご遠慮ください。
 
Q:活動に必要な持ち物は?
 
・ボール(小学生はサッカーボール(4号球)幼児はドッジボールで結構です)
・水筒(熱中症予防の為、夏季、冬季を問わずお持ちください。)
・クラブ規定の服装を着用して参加ください。
 
Q:活動中に怪我をしたらどうするの?
 
現場の指導員が状況をすぐに把握し、持参の救急セットで擦り傷等の軽傷の場合は対処いたします。骨折などの大きな怪我や疾病の場合は、すぐに救急車をよんで対応し、保護者の緊急連絡先に連絡いたします。
なお入会の際には、必ず(財)スポーツ安全協会のスポーツ安全保険に加入していただき、活動中に発生した怪我などの補償については、その保険の約款内とさせていただきます。(運動により症状が悪化したり発作が起こる可能性のある持病などがある場合は医療機関にへのご相談と、指導員への情報開示をお願いいたします。また、内容によってはご入会をお断りする場合もございます。)
 
Q:他のクラブや少年団に入っているのだが、両方に入ることはできるの?
 
もちろんご入会いただけます。コーディネーションコースは、子どもたちの基礎的な運動能力の向上のための活動を行っています。子どもたちの運動能力の向上や健全な育成をすすめるためには、いろいろなところでたくさんの経験をすることが重要だと私たちは考えています。ただし、基礎的運動能力の向上を一番に考えているために、幼児や低学年のお子様が中心となっております。
他方、小学生年代で多くの競技に触れる事は非常に良い経験となります。欧米ではシーズン制の導入で季節によって競技を複数経験する事が多いのですが、国内では、小学生の場合であっても選手登録が複数競技で出来ないなどの問題もありますが、多くの競技に触れる機会を今後増やして参ります。
現在当団体では
コーディネーションコース、サッカーエンジョイコース、サッカースキルアップコース、サッカークラブ【DESAFIO.C.F】
の運営もおこなっておりますので、是非ご検討ください。
 
Q:どんな先生が教えているの?
 
私たちのクラブでは、様々な資格(小学校教員免許、高等学校体育教諭免許、養護教諭免許、幼稚園教諭免許)や文部科学省公認(財)日本体育協会公認運動指導者、厚生労働省公認 健康運動指導士、健康運動実践指導者、元小学校教諭、JFA(日本サッカー協会)、KNVB(オランダサッカー協会)、FA(イングランドサッカー協会)DFB(ドイツサッカー連盟)などが公認した確かな知識と指導経験をもったプロの指導者が指導を行います。また、日々勉強会を開催し、様々な講習会等にも積極的に参加して、自己の指導力をあげる努力をしておりますので、安心して練習していただけます。